ウクアージLv.150~Lv.170までの攻略まとめ・適性キャラ

新しく追加されたウクアージのLv.150~170までの攻略が完了したので、こちらのページでは情報をまとめていきます。

 

実際のバトルの模様は、攻略動画(一部解説あり)もご覧いただけますので、攻略に困った方は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ウクアージLv.150

Lv.150はZONEさえあれば倒せます。

キャラ・パーティー

  • マリエルAS
  • アナベル
  • シュゼットN
  • アザミ
  • イスカN
  • クロードAS

マナなしでいけます。

攻略ポイント

1ターン目の単体攻撃でかならず誰か倒されますが、Lv.150はZONE状態でそのZONEに適したキャラが4人残っていれば短期決戦できます。まずはチェンジでクロードASを上げてZONEを展開します。

 

2ターン目でダメージをイスカ・クロードでバフ・デバフをかけて、シュゼットを上げ全員にVCバフがかかるようにします。忘灼呪を使われて腕力・知性デバフ中をかけられますが、この状態で3ターン目にAFをしかければ、十分すぎるダメージを与えられるのでそのまま勝利できます。

 

獲得アイテム・勲章

  • 経験値 47298
  • クロノスの石×50

Youtube

ウクアージLv.155

Lv.155も水ZONEがあれば楽です。水弱点じゃないので耐性属性以外のZONEでも攻撃力自体は問題ですが、敵の火属性攻撃を軽減できます。

キャラ・パーティー

  • マリエル
  • デューイ
  • シェイネN
  • マイティN
  • ユナAS
  • ラクレアN

ZONEを使うユナ以外はスタイルはどちらでもいいと思いますが、顕現武器があるのでNにしていました。

攻略ポイント

1ターン目はやはり単体攻撃で一人倒されますが、2ターン目の火属性攻撃をたえるために、デューイの知性デバフスキルやマイティのアクアウォール、ユナを上げて水ZONEを使います。シェイネは水耐性デバフ攻撃をします。

 

マイティが倒れた場合2ターン目はマリエルを戻し耐性バフ+ユナの退魔の符。火属性全体攻撃によるダメージを軽減します。

 

3ターン目は忘灼呪が来ます。火属性ZONEの状態なのでユナを一度下げてから上げないといけません。いっしょに攻撃陣をいったん下げます。

 

4ターン目にマリエルをチェンジして攻撃陣4人を上げます。フォースブレイクが2000ダメージ確定なので、それ以下のHPのキャラは敵の攻撃前に上げないように注意します。

 

5ターン目は超絶物理攻撃がきます。なのでAFで先制します。(最後の攻撃を耐えることなくAFで倒す戦略なので、5ターン目以降はこの時点ではわかりませんでした:後述)

獲得アイテム・勲章

  • 経験値 48870
  • クロノスの石×50

Youtube

スポンサーリンク

ウクアージLv.160

ここからちょっと難しくなります。というかおれが地属性ZONEがいないことが主な理由でした。

キャラ・パーティー

地属性ZONE+地属性メンバーが最適性かと思いますが、自分はミュンファがないのでもっとも得意な属性の風属性で挑みます。

  • マリエルAS
  • ヴィアッカ
  • ミュルス
  • クロードAS
  • シュゼットN
  • アザミ

ふたたびマリエルASにもどしました。このパーティーにたどり着くまでにいろいろためしました。また風属性中心ですが2ターン目の水属性攻撃に対する属性バフをかけるために、地属性耐性バフを持つミュルスを入れました。

ミュルスは魔兎の稔杖が顕現しているのが条件です。

攻略ポイント

ZONEがいない人のウクアージ攻略は、おれの攻略方法を参考にすれば勝てると思います。

1ターン目に耐性バフを持つマリエル、ミュルス、そのほかクロードが攻撃をもらわないことが条件です。知性デバ25%をもつアザミを上げ、マリエルとミュルスの耐性バフを使って2ターン目の水属性攻撃そなえます。

 

2ターン目はマリエルが耐性バフのかかっていないアザミにオーロラフォースを使います。これで生き残れるはずです。

 

3ターン目、ここが作戦の肝心なところです。マリエルASにしたのは『プロ―ディギウム』を使えるからです。

3ターン目にたおれたメンバーにプロ―ディギウムをかけます。これまでのLv.なら1ターン目に1人倒されてもZONE適性が4人いれば倒せていたのですが、今回はマリエルとミュルスで2枠使うので、1人でもかけると大幅に火力がさがってしまいます

しかし、プロ―ディギウムをするとマリエルは回復ができなくなり、次のターンで倒されます。ここでミュルスの有能さが活きてきます。ガイアフォートレスでマリエルのかわりにHP回復します。

 

4ターン目に、クロード・アザミは風属性デバフやバフをかけ、シュゼットとヴィアッカを上げて、VCで全体の腕力を最大限にします。

 

5ターン目にAFを発動!これで決着がつきます。ただしグラスタもかなり積んだので、同じ作戦でもしとどめをさせなかったら、グラスタを育てる必要があります

 

マリエルASが実装されて半年になりますが、プロ―ディギウムは使っていませんでした。復活を攻略方法に組み込んだのは初めての経験でしたね。

獲得アイテム・勲章

  • 経験値 50439
  • クロノスの石×50

Youtube

スポンサーリンク

ウクアージLv.165

165は風属性ZONEが適性ですが、かなり強かったので、マナを使えば勝てるか試しにやってたら倒しちゃって、そのまま画面に触れてしまいセーブされちゃいました。

キャラ・パーティー

  • マリエルAS
  • アザミ
  • ヴィアッカ
  • マナ
  • シュゼットN
  • クロードAS

風属性最強メンバー。顕現アドミラル・イスカもいいですが。ゲージ少ないアナザーフォースでやるには多段攻撃があるヴィアッカのがいいかなと。属性バフ・デバフもありますし。

攻略ポイント

この攻略に関してはかなりてこずりました。結局倒せなくてマナを入れましたが、マナを入れてもちゃんとやらないと、かんたんには倒せません。

 

2ターン目にくる地属性攻撃は、ZONEや属性耐性50%バフが無くても、マナがいれば、『クイーン・オブ・ハート』とマリエルの属性耐性バフだけで防げちゃいます。(だからあんまり使わないんだけど…)

これを1ターン目にかけておきます。なのでチェンジの危険をおかさなくて済みます。マナかマリエルがたおれたらやり直し。AFの前にバフVCのかかる攻撃陣キャラが倒れるのが好都合。

 

今回も2ターン目で、マリエルが倒れたメンバーを復活させる作戦を使います。クロードを上げてZONEを上書き。クロードが上がった後でマナの『ギャブレットの冠』がかけられるとベストです。

 

あとは前回LV.160とほとんどいっしょです。3ターン目はマリエルとマナを、シュゼットヴィアッカとチェンジして全体をVCで強化します。

 

次のターンでアナザーフォースを開放して、一気に決着。やはり火力不足であればグラスタなどを見直す必要があります。

獲得アイテム・勲章

  • 経験値52011
  • クロノスの石×50

Youtube

スポンサーリンク

ウクアージLv.170

なんといっても現時点でアナデン最強の敵ですからね。170は攻略難度が異次元です。なにせ、165まではZONEで5ターン以内に倒してきたのが、1戦の所要時間が2時間弱かかりましたから。

キャラ・パーティー

  • マナ
  • シオン
  • ガリユAS
  • マリエルAS
  • ベルトラン
  • ユーイン

まずおれの最強の風属性が耐性で使えないことが一番絶望ポイントでした。

マナ使わないともう無理です。ベルトランはつい2ヵ月前くらいに出しました。ベルトランがいなければこの作戦は無理でした。

攻略ポイント

まずマナ・マリエルと火属性メンバーで、今までと同じ作戦をしたら半分もけずれませんでした。火力が足りないどころじゃないけど、5ターン目の『鳴神掌』を耐えられない限り、倒せるまで火力を上げ続けるしか手はないと考えていました。

 

しかしふと、「ベルトランを入れて最大まで物理耐性を高めればもしかしたら…」と考え、Lv.145までアナベルやエルガでやっていたように、持久戦に持ち込む方向にチェンジしました。

 

1回でもミスれば終わりというレベルなので説明が相当難しいのですが、1ターン目はいつものようにマリエルとガリユの属性耐性バフとマナの知性デバフで2ターン目の属性攻撃にそなえます。シオンは攻撃でいいです。

マリエルかマナが単体攻撃をくらわなければいけます。

 

2ターン目はマリエルは倒れたメンバーを復活。マナはとりあえずギャブレット(2巡目からは変わる)、ほかはチェンジでベルトランともう一人(おれの場合はユーイン)を上げます。

3ターン目、ベルトランはアイアンクラッドで硬めて、マナは『プラクティカル』、マリエルはHP回復、ユーインはガリユにチェンジし火ZONEに。

 

4ターン目、ここが作戦のミソです。ベルトランはシュルトシュトゥースで腕力デバフ、ほかメンバーは一斉に下げます

5ターン目の『鳴神掌』をベルトラン1人で耐えきります。耐えられない場合装備を見直します。(パラソルランス+10・密林の腕輪・腕力バッジ、など)。もう一回シュルトシュトゥースを使います(次の単体攻撃時に挑発が切れないようにするため)。

同時にほかのメンバーを上げます。マリエル・マナは必須。シオンを上げると腕力デバフでまた最初の物理攻撃を軽減できるのでおすすめです。

 

1ターン目に戻りますが、2巡目はメンバーの位置が違うので内容が変わります。まずマナとマリエルシオンは同じ、ベルトランはMP節約のためふつうの攻撃で良いです。ベルトランをここでチェンジしてしまいがちですが、次のターンに上がった人が属性攻撃で倒れてしまうのでそのままです。

 

2回目の2ターン目、ここもかなり重要です。ベルトランはMPが少ないので下げないといけませんが、ここしか下がれません。そしてマナはプラクティカルをここでベルトランにかけておきます。これが3ターン後に活きます

ベルトラン・シオンはガリユ・ユーインとチェンジ。マリエルはHPが少ないメンバーがいればHP回復。いなければプロ―ディギウムでベルトランのMP回復。

 

2回目の3ターン目、マナはベルトランにチェンジ、マリエルHP回復、ガリユ・ユーインは攻撃。

 

2回目4ターン目、ベルトランは1回目と順番がずれますがアイアンクラッド。ほかメンバーは同じく下がります。

 

あとは1回目の5ターン目から同じルーティーンです。

 

あとは練習していくうちに、このルーティーンが身についていくと思います。ただしHPが少なかったりして誰かが倒れることもあるので、また復活させたりと臨機応変な対応に迫られることがあります。

 

そのほか参考までに、シオンは真の証、ユーインは普通の証のグラスタがついてます。説明を見ればわかるように攻撃できる機会があまりないので、そのほかにも攻撃力を上げるグラスタをなるべくつけてます。

ベルトランはMPをかなり使うのでMP切れする場合は、MP回復力やMP消費量減少〈槍〉などのグラスタをつけるといいです。

獲得アイテム・勲章

  • 経験値 53580
  • クロノスの石×50

Youtube

 

以上、アナデン最強魔物ウクアージLv.150~170の攻略情報でした。ありがとうございます。

 

コメント ご自由にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました