ウクアージLv.135にベルトランなしで勝利する方法

 

ウクアージもLv.135くらいになるとかなりの強敵になってきますね。

 

単体、全体への強烈な物理攻撃があるウクアージには、適性キャラとしてベルトランが最有力として挙げられます。しかし、おれは昨年2018年までに実装されたガチャキャラ星5の中では、今のところ唯一ベルトランだけがいません。(ガチャキャラ以外ではリヴァイア)

 

それでもVCとスキルを組み合わせて最適なルーティーンを構築することでウクアージLv.135を倒すことができました。

今回はその攻略方法を解説するともにルーティーン詳細まで載せますので、おれと同じようにベルトランを持っていない方は参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

ウクアージLv.135の行動パターン

ターン 行動 効果
1 単体物理攻撃
2 逆巻く激流 全体水属性攻撃
3 バイタルカット 単体をHP1攻撃
4 フォースアタック 全体に1400ダメージ
5 カラミティサクスム 全体物理攻撃
6 プレパレーション 全属性耐性アップ中:残5ターン

このパターンのルーティーン

適性パーティ―・スキル

セティー グルームスラスト、プロビデンスランス、ブレイズインパクト
クロード 明敏なる策励、亡国の健国王、ストームバイツ
マリエルAS オーロラフォース、リフレッシュリープ、サナテオ・コルムナ
アナベル ガーディアンソウル、ホーリーセイバー、祈りの聖剣
エルガ ブーストオーラ、ツインドライブ、クアトロドライブ
イスカAS 神速の旋律、垂天之雲、万物斉同

これがおそらくおれの持つ守備的キャラで最強レベルの編成です。また同時に速度の速い敵を制する意味でもこの布陣が最適解だと考えます。

ちなみにスキルの中で、ブレイズインパクト、明敏なる策励、ストームバイツ、ガーディアンソウル、ブーストオーラ、ツインドライブ、垂天之雲、は1回も使わない(使わなくてもいい)です。

もしこれらのキャラが不足している場合は、腕力デバフか速度デバフを持つキャラを編成します。

最重要なのは速度

高レベルウクアージは速度が極度に高くなっています。何もしなければ先制攻撃され2ターンで全滅です。

Lv.130、135くらいからは味方キャラで最速レベルのマリエルでも、速度バフ・デバフや装備なしでは先を越されてしまいます。バフ・デバフのルーティーンは後述しますが、もしそれで抜かれる場合は、速度バッジの装備、速度つきの武器アセトヴィータ(杖)や月流影光(刀)の強化や、グラスタの追加が必要になります。

グラスタはアナザーダンジョン『現代ガルレア大陸』で、ナグシャムの瓦落多好きのおじさんに適性キャラに対応した速度+5つきのグラスタをもらうか、猫絵馬と交換で手できるグラスタがおすすめです。

速度290を越えれば抜かれることはほぼなくなります。

攻略ポイント・味方ルーティーンパターン

まず、死なないようにが基本の戦略ですので、かなりの長丁場になることを前おきしておきます。

いつもは文章での解説だけですが、このバトルはルーティーンが重要なので以下に詳細を上げていきます。一番上の欄はウクアージの行動を表します。

1ターン目・単体物理攻撃
セティー グルームスラスト
クロード イスカASにC*
マリエルAS リフレッシュリープ
アナベル 祈りの聖剣

*Cはチェンジ、以下同

〔解説〕

  • セティー → 知性・速度デバフ
  • イスカAS → 速度・物耐バフVC
  • マリエルAS → 速度バフ
  • アナベル → 腕力デバフ+挑発

 

2ターン目・逆巻く激流
セティー プロビデンスランス
イスカAS 万物斉同
マリエルAS オーロラフォース
アナベル ホーリーセイバー

〔解説〕

  • セティー → 知性デバフ
  • イスカAS → 腕力・知性デバフ
  • マリエルAS → 全耐バフ
  • アナベル → 知性デバフ

 

3ターン目・バイタルカット
セティー グルームスラスト
イスカAS 万物斉同
マリエルAS 杖攻撃
アナベル クロードにC

〔解説〕

  • セティー → 速度デバフ延長
  • イスカAS → 腕力・知性デバフ(累積)
  • マリエルAS → MP節約
  • クロード → 物攻・速度デバフVC

 

4ターン目・フォースアタック
セティー エルガにC
イスカAS 万物斉同
マリエルAS サナテオ・コルムナ
クロード 亡国の健国王

〔解説〕

  • エルガ → 腕力デバフ・物耐バフVC
  • イスカAS → 腕力・知性デバフ(累積)
  • マリエルAS → HP回復
  • クロード → 腕力・知性デバフ

 

5ターン目・カラミティサクスム
エルガ クワトロドライブ
イスカAS 神速の旋律
マリエルAS サナテオ・コルムナ
クロード アナベルにC

〔解説〕

  • エルガ → AFため
  • マリエルAS → HP回復
  • イスカAS → 腕力・速度バフ
  • アナベル → 物耐バフVC

 

6ターン目・プレパレーション
エルガ セティーにC
イスカAS クロードにC
マリエルAS サナテオ・コルムナor下がる
アナベル 祈りの聖剣

〔解説〕

  • セティー → 知性・速度デバフVC
  • クロード → 腕力・速度デバフVC
  • マリエルAS → 残MPによる
  • アナベル → 腕力デバフ+挑発

 

2回目からの1ターン目・2ターン目は初めと異なります。

1ターン目に戻る・単体物理攻撃
セティー グルームスラスト
クロード イスカASにC
マリエルAS 上がるorリフレッシュリープ
アナベル ホーリーセイバー

〔解説〕

  • セティー → 速度デバフ
  • イスカAS → 速度・物耐バフVC
  • マリエルAS → 速度バフor回復VC
  • アナベル → 知性デバフ

 

2ターン目・逆巻く激流
セティー プロビデンスランス
イスカAS 万物斉同
マリエルAS オーロラフォース
アナベル 下がる

〔解説〕

  • セティー → 知性デバフ
  • イスカAS → 腕力・知性デバフ
  • マリエルAS → 全耐バフ
  • アナベル → MP補給

 

3ターン目はクロードを上げる、あとは同じです。

 

以降くり返しになりますが、マリエルAS・イスカAS・アナベルはMP消費が著しいため、ほかのキャラで対応し下げておくなど、臨機応変な対応をせまられる時もあります。(MP回復力のグラスタをつけるのも有効策です)

また、たとえば2巡目以降の単体物理攻撃のターンに、アナベルのホーリーセイバーを撃ったにもかかわらずデバフが不発になった場合など、下げずに再度デバフをしたほうがいい場合もあります。

ある程度応用が効くターンもありますが、逆巻く激流カラミティサクスムに対しては前のターンから慎重に備えをしなくてはいけません。

 

このルーティーンを覚えてもふいに死ぬ時があります。理由は2つ。1つはコマンドを選択する前に攻撃を押してしまうミス。2つ目がデバフの不発です。デバフが運悪くかからずに、30分以上続けたのちに死んだことも何回かありました。これは運なのであきらめてやり直しましょう。

 

アナザーフォースは全属性耐性が切れるプレパレーションのターンのみです。

ルーティーン上、前列に攻撃力のあるキャラがそろっていない状態になりますが、立て直すのが大変なのでとりあえずそのまま撃ちます。大して効果はありませんが、ある程度の時間短縮にはなります。

獲得アイテム

経験値 42588

勲章

『ウクアージに28回勝利した』クロノスの石×50

安いなぁ・・・『武器との巡り逢い』の究め段階とかよりこっちのほうが強いけどな・・・。

まとめ

風の噂によれば「ウクアージ3ターンで撃破」(Lv.はわからないけど)なんて都市伝説めいた話があるとか?3ターン?3巡目?どちらにしてもすごいけど。

おれなんかは初めから『ウクアージの攻撃パターン1巡をどう死なずに乗り切るか?』ということしか考えられなかったので、本当ならすごいなと思います。攻略方法を知りたくないので、真偽を確かめたことはありませんが・・・。

 

次のLv.ウクアージを倒せるか?属性にもよりますが、このパーティーで通用しなかったらいよいよお手上げかも・・・。

 

ということでウクアージLv.135の攻略方法解説はここまでです。ご訪問ありがとうございます!

コメント ご自由にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました