絶対に勝てないと思っていた『メルヴィル・レーヴ』についに勝利

アナザーエデンに出てくる魔物中最強ともうたわれる空飛ぶクジラです。

 

第2部のガルレア大陸では『八妖』という8体の超高難度の妖魔が出現しましたが、それでもメルヴィル・レーヴを超えるものはいませんでした。

 

おれは八妖を倒してから、今まで勝てなかったメルヴィルと戦い、ついに勝つことができました。

この八妖と戦うことで戦闘の経験値が上がったことが活きたと思います。まぁ、ぶっちゃけグラスタが追加されたことも大きいですが、その日も何十回もパーティーを変えながら、30回くらいは戦ったと思います。(いままでのぜんぶ通算すると100回くらいいってるかも・・・)

 

今回は攻略方法をアップしていきますので、まだ攻略していない方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

空飛ぶクジラ『メルヴィル・レーヴ』

メルヴィル・レーヴはオーガ砦の覇者の塔手前を守っている、いわば『クジラのオーガ』です。

 

おれは攻略サイト見ないので、クジラのことを、本編クリア後に偶然フラっと記憶の間に散策に行くまで知りませんでした。(本編であそこを進む時に、たしかに「なんか飛んでる!?」と思った記憶はあります)

ガードコールをどのタイミングで手に入れたのか忘れましたが、「ガードコールを使いますか?」と言われて、意味もわからず使ってみると、あのクジラが飛んでくるではありませんか!?

いきなりの戦闘開始―――すると・・・?

 

一瞬にして全滅・・・

 

「そんなあほなことがあってたまるか!」とふたたび挑んでみましたが、まったくダメ。

 

『ガード(守る)・コール(呼ぶ)』ってことは守衛みたいな存在のはず。なのに、BOSSよりぜんぜん強いのはナゼ?ナニ?

 

連戦惨敗のあげく、「開幕直後に、最大HPをはるかに超える攻撃をしてくるような敵に勝てるわけないだろ!」と思ってあきらめてしまいました。

 

ここからはメルヴィル・レーヴの特徴です。

弱点・耐性

弱点属性:なし

属性耐性:風属性火属性水属性

 

つまり地属性か無属性でなければまともに戦えないということですので、この時点で編成できるパーティーメンバーがかなりしぼられることになります。

メルヴィル・レーヴの行動パターン

  • オーシャンフォース〔腕力アップ小+知性アップ小:残99ターン:累積11回〕
  • イッカク突き〔単体物理攻撃+ペイン〕+オーシャンフォース
  • メテオスプラッシュ〔全体水属性攻撃〕+オーシャンフォース
  • ダイブ〔全体水属性攻撃+気絶〕+オーシャンフォース
  • グレートホーン〔全体水属性攻撃〕

パターン・ランダム

なぜメルヴィル・レーヴは強い?勝てない理由

①速い

速さに定評のあるキャラ(速度220以上?)で何とか互角。それ以外は先制攻撃されてしまうため、1ターン目でバフ・デバフを使う前にたおれてしまう場合もある。

 

②超高攻撃力

『イッカク突き』→一人死ぬ

『ダイブ』→全員死ぬ

『グレートホーン』→全員死ぬ

オーシャンフォースのみの時以外、すべての行動が死に直結する危険性をはらんでいます。

 

③時間を追うごとに強くなる

『オーシャンフォース』で腕力と知性を累積していくので、『イッカク突き』や全体水属性攻撃の威力が増していきます。

はじめはほんとうに「ただでさえ手に負えない敵がさらに強くなっていく意味がわからん!」といきどおっていました。「空飛んでるくせに『オーシャン(海)フォース(力)』じゃねえぞ」とも。

 

④ランダム

これをメルヴィルがやっかいな一番の理由としてあげる人も多いようです。

前述した『八妖』などは、行動の順序が決まっていましたが、メルヴィルは気まぐれに行動をしてきます。なので、「ここでチェンジしよう」「ここでこのスキルを使っておこう」といった戦略を、あらかじめ立てることができないんです。

適性パーティー編成・おすすめスキル

普段BOSSと戦うときには「いかに早くたおすか」を考えて、腕力・知性バフ、属性デバフなどを組み合わせていく場合が多いですが、メルヴィル・レーヴと戦う場合には「倒されないための戦略」が重要です。

 

そのことから、パーティー全体で、

  • 知性デバフ・水属性(全属性)バフのいずれか ×3
  • 腕力デバフ+物理耐性バフのいずれか ×3

をそなえておいたほうがいいでしょう。

 

それをふまえたうえで、おれが勝利した時のパーティーと、使用したスキルです。

f

  • マリエル〔無垢の揺り籠、オーロラフォース、リフレッシュリープ〕
  • シエル〔エレメントソング、ラ・エスペーロ、アースセレナーデ〕
  • ミュルス〔アースウォール、ブレイクロック、ガイアフォートレス〕
  • トゥーバ・AS〔デビルディール、死霊の祝辞、鎮魂の花束〕
  • ロキド〔ビーストサマー、夜叉鬼神拳、地烈無双拳〕
  • シェリーヌ〔ショックウィップ、ランドフロッキング、レイジングパイソン〕

グラスタ

グラスタはとくに追加しませんでしたが、巴蛇や陸吾攻略の時につけたものをそのままつけてありました。

  • マリエル → HP治癒力、MP回復力
  • トゥーバ・AS → 大地の力
  • シェリーヌ → 大地の力
  • ロキド → 大地の力

最後のAFの威力はグラスタの力がなければ決められなかったと思いますので、おおいに役に立ったと思います。

バッジ

基本的にメルヴィルとの戦闘はスピード勝負です。バフ・デバフを準備してもかける前にやられたら元も子もありません。

なので知性や腕力が下がるのは惜しいですが、特にバフ・デバフキャラに速度バッジをつけていきましょう。攻撃力の低下は属性耐性デバフなどのスキルでおぎなっていきます。

 

特に適性である地属性は、全体的にスピードが遅いキャラが多い気がします。(おれの持ちキャラがたまたまなのか?)

 

速度バッジの数値はキャラごとに調整していきましょう。速度バフがかかった状態でもメルヴィルより遅いのは、やはりNGです。

攻略ポイント

防御主体のバトル運び

先ほども書いたように、ランダム行動のため「ここでこのスキルを使おう」というような予測がたちません。常にバフ・デバフをかけ続けておくようにしておかないと、たおれる確率が上がります。

守備主体で行動するように心がけます。迷った時は攻撃やチェンジを後回しにして、デバフや回復を優先的に行うようにしましょう。

 

またこまかいことを言うと、物理攻撃に付与されるタイプのデバフ(例:シエルの『ラ・エスペーロ』の腕力デバフ)は、魔法と違い失敗することも多いので、残り1ターンで点滅していたらもう使ったほうがいいです。

それが原因で元気いっぱいの攻撃をもらってしまい、やられることがしばしばあります。

チェンジはかなり鬼門

これも敵の行動がランダムであることによるものですが、チェンジした時はバフ・デバフがうすい状態になりますので、ここでグレートホーンなど強力な攻撃が来たら終わりです。

おれも最初のころは、VCを利用するためにチェンジを駆使して戦おうとしていたのですが、結果的にこれが、たおれる確率をあげていたと気づきました。

 

基本的にはじめに出した4人を中心に戦うようにしたほうがいいです。これによってバフを常に重ねがけした状態で戦うことができ、たおれにくくなります。

 

チェンジはMP切れなど必要にせまられた時だけにしましょう。

トゥーバAS持ちの人は『SS・DD作戦』

これ八妖の陸呉の時にあみ出した作戦です。

普段トゥーバASを使う時の基本攻撃パターンは、『死霊の祝辞』×3回→『鎮魂の花束』、アナザーフォースの前にデビルディールというパターンでした。

それを『死霊の祝辞』×3回→デビルディール→杖攻撃→デビルディール→(以下ループ)、にするという作戦です。

これが、毎ターン知性70%アップ状態で×3回攻撃ができる『SS・DD作戦』です。

 

すでに世間では知られている作戦だったかもしれませんが、いちおう自分で考えました。

これをメルヴィル戦でも使ったところ、かなりの効果を発揮しました。死霊の祝辞の攻撃はクリティカルも出ますし、地属性耐性ダウンと組み合わせるとかなりのダメージを与えられます。

陸呉の時の検証では、地属性耐性15%ダウン+25%ダウン+25%ダウン時には、クリティカル一発で130000近く出ていた時もありました!

 

トゥーバASは当初、VCでの水属性耐性40%アップを念頭に入れて加えたのですが、この作戦ではトゥーバASはずっと出っぱなしになりますので、使えなくなります。それでもマリエル・ミュルス・シエルがいればカバーできたので、問題ありませんでした。

アナザーフォースは最後まで取っておく

即死級の攻撃をなんとかしのいで、やっとの思いでゲージ満タンまでためたアナザーフォースが、半分もHPをけずることができずに、反撃でやられる。

それが何十回と戦ってみての自分の精一杯でした。これまでのBOSSならアナザーフォースを決められれば勝利できることが多かったのに・・・これも勝てるわけないと思った大きな理由ですね。

 

しかもメルヴィルは弱点がないのでAFゲージがたまるのが遅いんです。さらにいうと、SSDD作戦のかなめである、トゥーバASの死霊の祝辞は、アナザーフォースがたまらないのでなおさらです。

 

しかし逆の発想で、この戦いではアナザーフォースをためることにあまり気を取られなくてもいいです!というのも、ヘタにアナザーフォースを使えば、打ちおわりのカウンターよろしく、あっさりやられてしまうからです。

 

現におれは勝利した時、アナザーフォースは1回しか発動しませんでした

とにかく死なないことが第一条件なので、アナザーフォースは今なら倒せると確信するまでとっておきましょう。

運ゲー

基本的にバトル序盤でだれかひとりでも倒れたら、勝てる可能性は下がってしまいますので、やり直したほうがいいです。

 

ランダムのため、運によって順調にバトルが運んでいくか、絶望的な展開になるかがわかれます。

たとえば、チェンジしたばかりのキャラがイッカク突きをくらったり、オーシャンフォースを2回連続でやられたりするともうダメです。

逆に、アナザーフォースを打ちおわったところで、バフ・デバフが切れた状態でヤバいってところで、オーシャンフォースのみで終わってくれて「ラッキー!」ということもあります。

 

ですから、いっちゃなんですが、(ミミちゃんの時にもいってましたが)運ゲーです!

 

もちろん、しっかりとパーティー編成など戦略もねった上での運ですので、そこはご注意を。

獲得アイテム

経験値 34747

 

それにしても、アナザーエデンの獲得経験値設定のガバガバさに驚きます!

開幕アナザーフォース1ターンで終わる次元戦艦VHの『合成鬼竜』で44000以上もらえるのに、何十回やってやっと勝てたクジラが34747って・・・

いったいどんな計算のしかたなんでしょう?

 

まぁ、メルヴィルクラスと戦うのには、どうせレベルMAXしか編成しないから経験値もらっても意味ないんですけどね。

勲章

『メルヴィル・レーヴを討つ者』クロノスの石×50

 

何回も言うけど、これが石50は安すぎる・・・。こういう攻略が困難なコンテンツの報酬を高くしないでどうする??と思うのはおれだけなんですか?

 

 

それでは、アナザーエデン最強・最高難度『メルヴィル・レーヴ』の攻略情報でした。

ご訪問ありがとうございます。

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました